虫歯以上に怖い、歯周病の予防に効果的な方法とは?

歯周病

haguki_shisyuubyou_man

食後の歯磨き

口腔内で歯周病菌が隠れる場所は食べ物の残りカスである歯垢です。つまり歯垢を口の中からきちんと除去すれば、歯周病になるリスクを限りなく減らす事ができます。

また歯周病菌は歯垢の中で時間経過によって増えていくので、歯垢を長時間そのまま放置しない事も重要です。

歯石の除去

さらに歯垢を長時間放置してはいけない理由として、歯垢が長時間口の中にあると、歯石へと変わってしまう事が挙げられます。

歯石は、その名前の通り石のように固くなった歯垢なので、通常の歯ブラシでは口の中から除去する事はできません。歯石を除去する為にはスケーラーと呼ばれる、針のように尖った金属の道具によってガリガリと削るしかありません。

ちなみにスケーラーは歯科医や、ドラッグストアで販売されているので、自分自身でも購入して歯石の除去をする事ができます。もし不安な方は歯科医で歯石掃除をしてもらうと良いでしょう。

歯間ブラシを使う

歯垢の除去は歯磨きだけでは十分ではありません。特に歯と歯の間は通常の歯ブラシでは届かないので、歯間ブラシや糸ようじのような専用の道具で口内ケアをする必要があります。

食物繊維の多い食べ物を食べる

食物繊維の多い食材を食べる事によって歯の表面などをキレイにする効果を期待できます。また食繊維の多い食べ物は噛みごたえがある事から咀嚼回数(噛む回数)が増えて唾液がしっかり出る事で歯周病菌の繁殖を抑える効果も期待できます。

【食物繊維の多い食材】
・ゴボウなどの根菜類
・ワカメなどの海藻類
・きのこ類
・ブロッコリーなどの野菜類

乳酸菌の歯磨き粉を使用する

歯周病菌の繁殖を抑える方法として乳酸菌を活用する方法があります。ある特種な乳酸菌で歯磨きをする事で口内悪玉菌が減少する事が分かっています。

例えばブリアン歯磨き粉は世界初の虫歯予防成分の「BLIS M18乳酸菌」が含まれている歯磨き粉です。乳酸菌配合の歯磨き粉を使用する事により、口の中の悪玉菌を減らして、善玉菌が優位な口内環境へだんだんと変化させていく事ができるので、お口の健康を気にする人には特にお勧めです。


PAGE TOP