歯周病の種類【最悪の場合、膿が出たり、歯が抜ける事も】

歯周病

sisyuubyou_umi

歯肉炎

歯肉炎は一般的にテレビCMなどでもよく言葉だと思います。それだけに歯肉炎で悩んでいる人は多い症状かもしれません。

歯肉炎とは歯周病菌によって歯茎が炎症を起こした状態の事を言います。具体的には歯茎が腫れてリンゴなどをかじった時や、歯磨きなどによって歯茎に刺激があった際に出血する状態の事を言います。

また歯周病になる原因としては、歯茎と歯の間の歯周ポケットに歯垢がたまる事によって、その場所で歯周病菌が増殖して歯茎に悪い影響を及ぼすと言われています。

歯周炎

歯肉炎が酷くなると歯周炎と呼ばれる症状(病気)になってしまいます。別名は慢性辺縁性歯周炎と言うそうです。

歯周炎になると最初歯肉炎で腫れていた歯茎が痩せはじめます。そうすると歯の根本が露出するようになってきます。歯の表面が露出する事と歯茎が下がる事により、より歯周炎の症状が悪化していきます。

つまり歯周炎になると連鎖的に悪い症状に移行していき、最悪の場合には自分自身の歯を失う事になってしまいます。実は人が歯を失う原因の一番は歯周病という調査結果もある程なので、虫歯以上に怖い病気だと言えるでしょう。

歯槽膿漏

歯槽膿漏とは歯を支える歯槽から膿が出る病気です。原因はやはり歯周病菌が原因で、歯周炎によって歯茎が下がる事によって、歯槽が歯周病菌に侵されてしまい歯槽膿漏になると言われています。

症状は歯茎から異臭のする膿が出る、食事の際に歯や歯茎が痛むなどの症状があります。また歯槽膿漏になる状況ですと歯の根本が露出した状態なので、虫歯になりやすい状況にもなります。

また歯周炎と同じく歯の根本の骨が溶ける、歯がグラグラするという症状を経て最終的には歯が抜けてしまうという結末を辿ります。


PAGE TOP