歯周病の応急処置をどうすれば良い?まずは適切な対処法を

歯周病

shisyuubyou

幹部冷やす

歯周病の初期症状の場合は、歯茎が腫れる、出血などの症状が多くあります。このような場合は歯茎が炎症を起こしている訳ですから、冷やす事が効果が高いと考えられます。

この時早く痛みや腫れを解消したいからと言って、氷を口に含むなどの行為は歯茎に対して刺激が強すぎるので止めた方が良いでしょう。

まどろっこしいとお思いになる方も多いかもしれませんが、幹部を濡れたタオルや、保冷剤を包んだ濡れタオルなどで頬の部分を冷やすようにしましょう。

安静にする

歯周病で歯茎に痛みがある場合には、安静にする事も重要です。例えば激しい運動などをしてしまうと、体の血流がよくなって歯茎の痛みが増す可能性が高くなります。

同じように興奮したりストレスが多い環境にいると、運動をした場合と同じような状態になるので控えた方が良いでしょう。

痛み止めを飲む

市販の痛み止めである「バファリン」や「ロコソニン」などの薬を飲む事も歯周病で歯茎が痛い時の応急処置としては効果的です。

液体ハミガキを使用する

歯周病の場合には歯茎が腫れたり、出血したりする事から歯磨きができないという場合も多いようです。そのような場合には液体歯磨きで念入りにうがいをする事も重要です。

歯周病の原因は歯に付着した歯垢なので、この歯垢を除去して歯周病菌の影響をできるだけ受けないような工夫をする必要があります。

もし歯磨きができるようなら、柔らかめの歯ブラシを使用して念入りに歯磨きをするようにして下さい。

できるだけ早く歯科医に行きましょう

歯周病で歯茎や歯茎に痛みがある場合には、歯と歯茎の間の歯周ポケットに歯周病菌を含んだ歯垢が入り込んでいる場合がほとんどです。

このような状態になると自分自身で改善するのが難しい状態である場合が多いでしょう。このような場合には早急に歯科医に言って口の中の歯垢や歯石を除去してもらう事が重要です。

また場合によっては抗生物質等の効果的な薬も処方してくれるので、一番重要なのはやはり歯科医に早めに行く事だと言えるでしょう。


PAGE TOP