歯周病と「お菓子などの甘いもの」には因果関係があるのか?

歯周病

sisyuubyou_okasi

歯周病の原因とは?

◎歯周病の原因は歯垢だった。

歯周病の原因は歯に付着した歯垢です。歯垢とは食べ物の残りカスと思われていますが、少しだけ違うようです。

歯垢とは食べ物の残りカスを口腔内悪玉菌が分解したものです。そのため歯垢の中には歯周病菌や虫歯菌を含め沢山の悪玉菌が潜んでいます。

また、歯垢1mg中に潜む細菌数は約10億とも言われているので、いかに歯垢が怖い存在であるかが分かります。この歯垢ですが、口の中の悪玉菌と砂糖が原因だと言われています。

歯周病とお菓子の関係は?

◎歯垢のできる原因は食べ物の残りカスと砂糖だった。

先程ご紹介したように歯垢の元は、食べ物の残りカスとそれに含まれる砂糖を口腔内悪玉菌が分解する事によって歯垢になります。

つまりお菓子などを食べると歯垢を増やす原因になってしまうのです。お菓子には通常沢山の砂糖が含まれているので、普通にご飯やおかずを食べるよりも歯垢ができるリスクが高くなると言えるかもしれません。

結論として歯周病と「お菓子などの甘いもの」とは因果関係があると言えるのです。

歯周病予防の為にお菓子は控え目に、しかし無理は禁物?

先ほどご紹介したように歯周病の原因の1つにはお菓子があると言われている為に、歯周病予防の為には日頃の生活ではお菓子の摂取を控える事が重要です。

これについては歯科医の方の中では「お菓子は全く食べない方が良い」という意見をお持ちの方もいるようです。確かに理論的にはお菓子を食べない方が歯周病には良いと言えるでしょう。

ですが、世の中にはお菓子が大好きだという人もいるのです。もしそのような人がお菓子を全く食べれなくなったとしたらどうでしょうか?

多分大きなストレスにさらされる事になるでしょう。実は唾液の中には口腔内細菌の繁殖を抑制する殺菌作用があると言われています。ですが、ストレス過多になるとこの唾液量が減少してしまう傾向にあるのです。

つまりお菓子を食べなかったとしても、唾液量が減ってしまっては歯周病菌が増えて予防どころではなくなる可能性もあるのです。

このように考えると、お菓子は控えた方が良いが、ストレスになる程我慢しない方が良いと言えるでしょう。


PAGE TOP