歯周病の悪化によって「口が臭くなる、歯が抜ける、ガンになる」ってのは本当なの?

歯周病

sisyuubyou_inu

歯周病で口臭が酷くなる?

歯周病になると一般的に口臭がキツくなると言われています。その理由は、元々歯周病の原因が食べ物の残りカスである歯垢だからです。

歯周病はこの歯垢が歯茎の間にある歯周ポケットに入り込む事によって、歯茎が炎症を起こして歯茎の健康を損なうものです。またこの歯垢は口の中で長時間経過すると悪臭を発生させる事になります。

例えば、通常の料理や食品でも、生ゴミになってしまったら細菌に分解されて腐ってしまいます。このような時には生ゴミ独特の悪臭を発生させるのは、皆さんもご存知の通りです。

同じように私達の口の中には非常に多くの口腔内細菌が住み着いてるので、歯垢を分解して悪臭を発生させるというのは当然の事なのです。

歯周病で歯が抜ける?

歯周病と一口に言っても色々な症状に分ける事ができます。例えば歯周病の初期状態は歯肉炎と呼ばれる歯茎が腫れる状態になってしまいます。また歯肉炎の症状が進行しると歯周炎と言う歯茎が痩せてきて歯の根本が露出する状態になります。

また歯周炎とならなかった場合でも、歯槽膿漏という歯茎から膿が出る症状になる場合も多いようです。また、この歯槽膿漏になると膿が異臭を発生させるので、これも口臭の原因となってしまいます。

話を戻しますが、歯茎が歯周炎になってしまうと、歯の根元が露出してしまうので、歯の根元が虫歯になったり知覚過敏になったりします。

また歯の根元が露出する事により歯の根元が無防備な状態になってしまいます。本来歯の根本は歯茎によって物理的にも生理学的にも守られた状態になっています。

ところが歯茎という防御組織がなくなってしまうと、歯の根元や顎の骨が細菌によって侵されてしまいます。その結果歯と顎の健康が損なわれて、最悪の場合には歯が抜けてしまうのです。

また歯周病によって歯を失うと、歯が抜けた周辺の歯も抜けやすくなってしまいます。実のところ歯周病でなくても歯が一本抜けると、抜けた歯の周辺の歯の横の支えがなくなってしまうので、結果的に抜けた歯の周辺の歯が抜けやすくなってしまうものなのです。

特に歯周病で歯が抜けた場合には、元々歯が抜けやすいという素地があるので、よりいっそう歯が連鎖的に抜けるという症状が進行してしまうものなのです。

歯周病でガンになる?

ガンと歯周病と関係があるという話は一般的に聞く事は少ないかもしれませんが、ガンと歯周病には因果関係があると言われています。

例えば、食道がんになった細胞組織を検査した所、かなり高い確率で歯周病菌が発見されたという研究結果があるのです。つまり歯周病菌が食道がんの原因となっている事も十分に考えられるのです。

また、仮に歯周病菌と食道がんに関係がなかったとしても、歯周病になって歯を失ってしまった場合には、ガンになる確率が高いと言われています。

なぜならば、歯がない人は歯がある人と比べるとガンになる確率が高いと言われているからです。これは歯がない事によって、食事の咀嚼が十分に行われない為に食道や胃腸などの消化器系に負担をかけてしまう為だと言われています。


PAGE TOP