乳酸菌がストレスを低減する理由とは?

乳酸菌

stress_man

乳酸菌を摂ると腸の働きが良くなりストレスに強くなる

乳酸菌を含んだ食品を食べると腸の働きが良くなる事は昔から知られています。また胃腸は人の健康状態を測るバロメーターのように言われているので、胃腸の調子が良くなる事で体に良い影響があるという事実もありようです。

よく日常生活の中でストレスが強いと胃が痛くなると言われます。このように人のストレスはダイレクトに胃腸に影響を及ぼす事は昔より指摘されている事実です。

また強いストレスを受けた事によって、胃腸の調子が悪くなるという経験を実際に経験した人も以外と多いのではないでしょうか。また極端に強いストレスを人が受けると胃に穴が空くという事実もあるので、ストレスというのは非常に怖いものです。

逆に胃腸の調子を整える事でストレスに強くなるという事も、乳酸菌の研究で分かり始めています。これは、よく笑う事で人間の免疫細胞が活性化されるという事実と似ているかもしれません。

本来、健康で幸せな生活をおくる人に笑顔が多いという事は容易に想像ができる事です。ですが笑顔が逆に私達の体に良い影響を与えるというのは非常に興味深い事実です。

しかし、この事実は体の免疫機能が複雑に私達の体の中で連携しており、密接に影響を及ぼし合っている事を表していると言えるでしょう。

つまり腸の働きを良くする事で、日常的なストレスに耐性ができるようになるという話も、あながち納得ができない話ではないという事でしょう。

乳酸菌を含む食品を食べるとよく眠れる

私達は乳酸菌を摂取する事でよく眠る事ができるという事実があるようです。ある研究によると「SBL88乳酸菌」が睡眠障害のある人の睡眠障害の症状を緩和する事が分かったそうです。

つまり乳酸菌を摂取する事で質の良い睡眠となるという事のようです。昔から睡眠とストレスは大きな関係があると言われていますので、乳酸菌食品を食べる事でストレスを軽減する事も可能と言えるかもしれません。

実際に睡眠不足の人はストレスが増えたり、ストレスをコントロールする機能が低下する事が分かっています。これは人間が睡眠中に体のメンテナスを行っている事から起こる症状だと言われています。

人間は睡眠中に記憶の整理を行っています。例えば人間は学習した事を睡眠を摂る事で、必要な情報と必要でない情報に選別して必要な情報を長期記憶として頭の中に整理すると言われています。

同じようにストレスに関しても睡眠によって、ストレスコントロールしていると言う事になるようです。乳酸菌食品を食べてストレスが低減するなんてにわかには信じ難い事ですが、どうやら本当の事のようですね。


PAGE TOP