乳酸菌で口臭予防ができるメカニズムとは?

口臭

nyuusankin05

乳酸菌とは

乳酸菌とは腸の中でビフィズス菌の働きを助けてくれるサポート役のような腸内善玉菌です。また乳酸菌やビフィズス菌の働きなどにより、腸内の悪玉菌が減る事が知られています。

ヨーグルトで口臭予防する時に気をつけるべき事

ヨーグルトを口臭予防で使用する方法として、ヨーグルトで歯磨きをする方法があります。ヨーグルトで歯磨きをする事で、口腔内で乳酸菌が増えて、口内悪玉菌の増殖を抑える為に口臭予防ができるようです。

口の中に住む悪玉菌は歯垢などを分解する際に、悪臭が出ると言われているので、この悪玉菌を減らす事で口臭予防ができるのです。

また歯磨きにヨーグルトを使用する際には、砂糖が入っていない商品を使用する事も重要です。砂糖が入ったヨーグルトを使用すると、歯が虫歯になる可能性もありますし、虫歯菌などの悪玉菌が増える原因にもなりかねないからです。

ヨーグルトの整腸作用と口臭の関係

実は口臭の原因は口の中だけにある訳ではありません。胃腸の調子が悪かったとしても口臭の原因になるので注意が必要です。

例えば胃腸の調子が悪くて食べ物が十分に消化、分解されなかったとしたらどうでしょうか。胃腸の中で食べ物が以上な状態で腐敗していく事になってしまいます。

このような点からヨーグルトを食べる事で口臭予防ができる可能性があります。なぜならば、ヨーグルトを食べる事で胃腸の調子が整えられる効果があるからです。

乳酸菌の歯磨き粉による口臭予防

大人用のブリアン歯磨き粉に含まれる「BLIS K12乳酸菌」は口臭予防の効果のある乳酸菌です。ちなみにブリアン歯磨き粉の使用方法は一般の歯磨き粉とは違います。

一般的に市販されている練り歯磨き粉タイプの商品は歯磨きをした後に口をゆすぐ事が一般的です。ですがブリアン歯磨き粉は歯磨きの後に口をゆすいではいけません。

なぜならば、口をゆすいでしまうと「BLIS K12乳酸菌」が口の中から洗い流されてしまうからです。実はブリアン歯磨き粉は口の中で「BLIS K12乳酸菌」が増える事で口臭予防ができる仕組みになっています。


PAGE TOP