健康からストレス軽減まで、驚きの乳酸菌の働きとは?

乳酸菌

sutoresu_josei

乳酸菌は悪玉菌の増殖を抑える

人の腸内の中には腸内細菌が住んでおり、腸内細菌の中には善玉菌と悪玉菌が住んでいます。また腸内には細菌が繁殖できるエリアが決まっている事もあり、腸内細菌は善玉菌と悪玉気で縄張り争いをしています。

その為腸内では善玉菌が増えると悪玉菌が減るという現象が起きています。また逆に善玉菌が減ると悪玉菌が増えてしまうのです。

このように善玉菌である乳酸菌は悪玉菌を減らす働きがあるので腸内の環境をと整える微生物として人にとって大切な存在となっています。

乳酸菌はアレルギーを抑える

乳酸菌は腸内の環境を整える他にも、アレルギーを改善する働きがある事が分かっています。そもそもアレルギーとは本来私達の害になるウィルスや細菌などに対する生体防御反応です。

この生体防御反応が過剰に働く事がアレルギーに繋がっています。乳酸菌はこのような過剰な生体防御反応を緩和する働きがあると言われています。

また乳酸菌と一口に言っても色々な種類の乳酸菌が存在します。その為アレルギーによく効く乳酸菌の種類も存在しており、そのような乳酸菌の研究が進んでいます。

乳酸菌は骨を強くする

乳酸菌の働きの1つには、カルシウムの吸収を促す効果がある事が分かっています。元々乳酸菌が含まれている乳製品にはカルシウムが豊富に含まれています。

その為乳製品を摂取する事で、骨が強くなるというのは本当の事なのです。ですが日ごろの生活の中で乳酸菌を効率よく摂取する事は以外と難しい事もあり、カルシウムや乳酸菌の成分が配合されたサプリメントなどが人気となっています。

乳酸菌はストレスを軽減する

人はストレスを感じると胃腸の調子が悪くなるという場合が多いようです。これは胃腸がストレスに非常に敏感に反応するからだと言われています。

また逆に胃腸の調子を整える事で逆にストレスに強い体質になるとも言われています。

コレステロールの上昇を抑える

コレステロールの原因は、油成分の多い食事をする事だと言われています。例えば「天ぷら、カップラーメン、唐揚げ、揚げ物」などの食品を食べる事でコレステロール値が増えるようです。

乳酸菌は腸内の環境を整えて、このような油物の食べ物をスムーズに体外に排出してくれます。当然の事ながら腸の中にいつまでも油性食品が残っている状態だと、それが消化されて体内の細胞に吸収されてしまいます。

このような事を防ぐ為に、日ごろから乳酸菌が含まれる乳製品や発酵食品を摂取する事が重要です。


PAGE TOP