実は唾液は凄かった!虫歯予防に効果的な再石灰化の働きとは?

虫歯予防

kirei_ha

唾液の再石灰化の働きとは

再石灰化とは私達の体にもともと備わっている虫歯予防のメカニズムです。私達は料理やお菓子を食べると口の中の食べ物の残りカスが口腔内細菌によって分解されてしまいます。

そして食べ物の残りカスを虫歯菌が分解する際に酸が発生して、この酸が歯の表面を溶かしてしまうのです。歯の表面は私達の体の中で最も硬い成分であるエナメル質によってできています。

その為、虫歯菌の出す酸でも簡単に歯の表面を溶かしてしまう事はできません。この時歯の表面が少しだけ溶かされた状態を初期虫歯と呼びます。

この初期虫歯の状態なら人に元々備わっているメカニズムによって自然治癒してしまうのです。この初期虫歯の自然治癒能力の事を「再石灰化」と呼びます。

歯の再石灰化とは、私達の唾液による働きす。唾液が初期虫歯によって溶かされた歯の表面にカルシウムイオンとリンイオンを補給する事によって歯を修復してしまいます。

再石灰化には唾液の分泌が大切

このような歯の再石灰化の働きを十分に生かす為には、唾液の分泌が重要になってきます。その為に、何らかの原因で唾液の量が減ってしまうと、歯の再石灰化の働きが十分に働かずに虫歯になりやすくなってしまうのです。

虫歯にならない(再石灰化を助ける)為の生活習慣

先ほどご紹介したように虫歯を予防する為、唾液の分泌が少なくなるような生活習慣を避けた方が良いという事になります。そこで、唾液の分泌を助ける為の生活習慣をご紹介します。

◎規則正い(ストレスの少ない)生活

強いストレスが加わると唾液の量が低下する事が分かっています。これは精神的なストレスだけでなく肉体的なストレスに関しても同じ事です。

不規則な生活をしていると、私達の体には思った以上にストレスとなってしまいます。その為に規則正い生活を送る事が重要になってきます。

また精神的なストレスも長期に渡って受けていると体の不調につながり、結果的に唾液の量を低下させてしまう結果になってしまいます。

◎お酒やコーヒーを飲みすぎない

お酒やコーヒーを大量に飲むと、唾液の量が低下する事が分かっています。お酒やコーヒーは適量を飲む分には精神的、肉体的にリラックスする効果があると思いますが、過度に摂取するのは避けましょう。

◎口呼吸を避ける

口呼吸をすると口の中が乾いて唾液の量が低下します。口呼吸はウィルスが直接器官に入る等のデメリットが多いので口呼吸の癖のある人は直した方が良いでしょう。

再石灰化を助ける物質

◎キシリトール

キシリトールは唾液の分泌の促進をうながす効果があります。また歯の再石灰化の際に唾液に働きかけてより強い歯にする事が分かっています。


PAGE TOP