虫歯予防になる果物と虫歯になる果物があるって本当?

虫歯予防

fruits_basket

果物は虫歯になりにくい?

◎虫歯の原因は甘い食べ物

虫歯の原因は甘い食べ物だと言われています。それは食べ物の中に含まれる砂糖や糖質が虫歯の原因である為です。

砂糖や糖質は虫歯菌によって分解さて歯の表面を溶かす酸に変えられてしまいます。この酸が歯の表面のエナメル質を溶かして、私達の歯を虫歯にしてしまうのです。

◎果物に含まれる果糖は虫歯になりにくい

砂糖が虫歯の原因という事でしたら、甘い食べ物である果物も虫歯になりそうだと思うのは当然の事です。ですが果物に含まれる果糖は虫歯になりにくい糖だと言われています。

これは虫歯の原因を作っている虫歯菌が果糖を自分のエサとできない為です。その為「果物を食べると虫歯になりやすい」という情報は嘘である事になります。

イチゴは虫歯予防効果がある?

◎イチゴに含まれるキシリトールが虫歯予防に効果あり

果物は甘いけれど虫歯になりにくいという事は分かって頂けたと思います。しかし、果物の中には虫歯になりにくいという事だけでなく、虫歯予防になる果物まであるのです。

その果物というのはイチゴです。イチゴはキシリトールという成分が豊富に含まれている果物です。

このキシリトールという成分は、虫歯予防になるという点で注目されている成分です。実はキシリトールは虫歯菌のエサになる成分なのですが、虫歯菌はキシリトールからエネルギーを作りだす事ができません。

またその為に虫歯菌はキシリトールを食べても酸を作り出す事がないのです。虫歯の原因は虫歯菌が作り出す酸ですから、その結果虫歯にならないのです。

また虫歯菌はキシリトールを食べる事でエネルギーが作れないので、どんどん弱まってしまうと言われています。つまりキシリトール成分を豊富に含んだイチゴを食べる事で虫歯の予防に繋がるのです。

柑橘系の果物は歯に穴を開ける?

◎酸性の果物は虫歯の大敵?

虫歯菌の出す酸が虫歯の原因があるように、人の歯は酸性の物質に非常に弱い性質があります。その為酸性の食べ物は口の中を酸性にする点で、虫歯になりやすい食材と言えるのです。

同じように果物の中にも酸性の食べ物がいくつか存在しています。例えば柑橘系の果物であるレモンやグレープフルーツやオレンジなどは酸性値が比較的高い果物なので、虫歯予防を考えた時には気をつけた方が良いでしょう。

◎グレープフルーツで歯が穴だらけに

例えばグレープフルーツは健康に良いと言われている果物です。だからと言ってグレープフルーツを食べすぎると歯が穴だらけになってしまう可能性があります。

実際に毎食、グレープフルーツを食べ続けた女性の方の歯が、穴だらけの状態になってしまったという事例が存在するぐらいです。

◎酸性の果物一覧

・レモン
・グレープフルーツ
・オレンジ
・みかん
・りんご
・パイナップル
・ぶどう


PAGE TOP