虫歯予防と間食との関係は?お菓子を食べても虫歯にならない方法とは?

虫歯予防

okasi_josei

お菓子は虫歯の原因になる?

昔から「お菓子を食べると虫歯になるよ」と子供を持つ親御さんが子供を脅すのは決まり文句になっているようです。

ですが、実際にお菓子を食べると虫歯になってしまうのでしょうか?結論から言うと「お菓子を食べると虫歯になりやすい」というのは本当の事のようです。

ではなぜお菓子を食べると虫歯になりやすいのでしょうか?

砂糖が虫歯の原因

お菓子を食べると虫歯になる原因はお菓子の中に含まれる「砂糖」だと言われています。

なぜならば「砂糖」は虫歯菌のエサとなって虫歯菌の増殖を助ける働きをする成分だからです。

虫歯菌は砂糖を栄養として増殖しますが、その際に酸を出す性質があります。そしてこの酸が私達の歯を溶かして虫歯にしてしまうのです。

甘くないお菓子でも要注意

では甘くないお菓子を食べれば虫歯にならないのでしょうか?いいえ、そんな事はありません。

例えばチョコレートなどは砂糖が沢山使われていて、いかにも虫歯になりそうなお菓子です。

逆にポテトチップスなどの塩っけのあるお菓子は砂糖が使われている印象がありません。

ですがポテトチップスなどのお菓子には大量の糖質が含まれています。実は虫歯菌のエサは砂糖だけでなく糖質もエサになっているのです。

その為に甘くないスナック菓子を食べた場合にも虫歯になってしまうのです。

お菓子を食べても虫歯にならない方法とは?

◎お菓子を食べたらすぐに歯を磨く

お菓子は嗜好品ですが、私達の生活には欠かせない食べ物です。確かにお菓子を食べなかったとしても御飯を食べていれば死ぬ事はありません。

ですが、日常を楽しく豊かに過ごす為にはお菓子は無くてはならないという人もいる事でしょう。そんな人は虫歯予防の為に無理にお菓子を止める必要はありません。

なぜならば、ストレスが蓄積すると唾液の量が低下して虫歯になりやすいくなる可能性がるからです。

そこでお菓子を食べても虫歯にならないようにするには、お菓子を食べたらすぐに歯磨きをする事です。お菓子を食べても、歯磨きによって口の中にお菓子のカスが残っていなければ虫歯になる事はありません。

面倒なようですが、お菓子の後すぐに歯磨きをする事は、虫歯予防にはとっても効果の高い方法です。

◎虫歯になりにくい口内環境にする

また虫歯になりにくくする方法として、虫歯になりにくい口内環境に改善する方法があります。

その方法の1つとして、このホームページのトップページでご紹介している、乳酸菌の歯磨き粉をブラッシング時に使用する方法があります。

例えば乳酸菌歯磨き粉のブリアンを歯磨きで使用すると、乳酸菌によって虫歯菌が口の中から減らす事が可能です。

虫歯の原因は虫歯であるので、虫歯菌が口の中からいなくなれば虫歯になる事はありません。


PAGE TOP