口臭予防に効果のある歯磨き方法とは?

口臭

hamigaki_man

口臭の原因は歯垢

口臭の原因で一番大きな要素は、やはり歯垢です。歯垢とは食事の際に歯と歯の間に挟まる食べ物のカスの事です。この歯垢は歯磨きをせずにほうっておくと硬い歯石となってしまいます。

また歯石ができると、知らぬ間に歯石がどんどん増えていってしまいますし、その歯石の周りに歯垢が付きやすくなる弊害も出てきます。

食後はできるだけ早く歯磨きをして歯垢を排除する

歯垢は時間がたつにつれて口腔細菌に分解されて悪臭を放つようになっていきます。また先ほどもご紹介したようにほうっておくと歯石になるという弊害もあります。

歯垢は歯石になってしまうと虫歯菌が隠れる巣のような場所にもなってしまう事もあり、歯垢の除去は口臭予防と虫歯予防の両方の面で重要になってくる要素です。

食後は多くの人がゆっくりとしたい時間ではありますが、口臭を予防する為には食後にできるだけ早く歯磨きをするようにして下さい。

歯磨き粉は沢山使わない

歯磨き粉は虫歯予防の一定の効果があるとは言われていますが、弊害があるのも事実です。その弊害とは歯磨き粉を沢山付けて歯磨きをすると、歯磨きが不十分でも歯磨きをしたような気分になってしまう事です。

また口臭予防に関しても同じく弊害があり、歯磨き粉を使用して歯磨きをすると歯磨き粉の良い香りがするので、口臭がなくなったと錯覚してしまう事です。

試しに歯磨き粉を使用しないで歯磨きをしてみると気づきますが、歯磨き粉を使用しない方が自分自身の口臭に対して敏感になるので、歯磨き粉は必要最小限の使用に留める事が重要です。

歯間ブラシも使用するようにする

口臭の主な原因は歯垢ですが、通常の歯ブラシだけでは歯垢の除去は十分にできません。特に歯と歯の間にある歯垢は通常の歯ブラシでは除去するのは不可能です。

このような時に効果的なのが歯間ブラシです。実際に歯間ブラシをたまに使用すると歯と歯の間に悪臭を放つ歯垢が溜まっている事を痛感できます。


PAGE TOP