口臭の原因と、歯磨きの口臭予防の効果とは?

口臭

kousyu03

口臭の原因、色々

◎歯垢

口臭の多くの原因は口の中に残っている歯垢だとも言われています。歯垢は柔らかい食べ物を食べると余計に多くなる傾向があります。

その為植物繊維の多い食べ物を食べると歯垢が口の中に残りにくく口内環境を整える上でも効果があると考えられています。

◎病気

胃腸の病気になると口臭がする場合があると言われています。例えば、本来きちんと消化されるべき食べ物が消化されなかった場合には、その未消化の食べ物から悪臭が発生する為です。

◎タバコ

タバコはニコチンやタールが含まれているので、このニコチンやタールが口臭の原因だとも言われています。ですがタバコが口臭の原因になるもう1つの原因として、タバコを吸う事による血液の循環が悪くなる事が挙げられます。

タバコを吸うと、多くの人が落ち着くと答える事が多いと思います。実はこの原因は血液の循環が悪くなる事かれきているのです。血液の循環が悪くなる事でリラックスしたり落ち着く効果がもたらされるようです。

ですが血液の循環が悪くなる事で、口の中の唾液量が減る事も口臭の原因になっています。なぜならば人間の唾液は口の中の細菌の繁殖を抑える働きがあるからです。つまり唾液が減る事で口内細菌が増えて口臭の原因になっているという事のようです。

◎コーヒー

コーヒーを飲むと口臭が酷くなるという話はたまに聞くお話です。なぜコーヒーが口臭の原因になるのかと言うとコーヒーの利尿作用が関係しているようです。

コーヒーを飲むと利尿作用によって、体の水分量が不足するという事のようです。そしてそれが原因で唾液の量が低下して、それが口臭の原因になっているようです。唾液量の低下と口臭の関係は前にご紹介したとおりです。

歯磨きによる口臭予防の効果

歯磨きをすると、口臭の主要因だと言われる歯垢の除去を効果的に行えます。これが原因となって歯磨きが口臭予防に効果があると言われています。

また、歯磨きをすると唾液が沢山でるので、これも口臭予防に効果があるようです。先にもご紹介したように唾液には殺菌用があるので、口の中の細菌の増殖を防いでくれています。

しかし、市販の歯磨き粉には唾液の分泌を阻害する成分も入っている場合があるので、歯磨き粉のつけすぎは口臭予防の観点では良くないようです。


PAGE TOP