「歯磨き粉をつけない歯磨き」のメリット、デメリット

歯磨き

haburasi003

歯磨き粉をつけないメリット

◎口内炎になりにくい

歯磨きの中には色々な化学成分が含まれています。その為に少なからず体に良くないと言われています。特に歯磨き粉に含まれる合成界面活性剤は特に口の中の細胞を傷つけると言われています。

皆さんもご存知の通り口内炎は口の中の細胞が傷ついた所から出来る場合が多いので、歯磨き粉によって口の中が傷つくと口内炎ができる可能性が高くなります。

◎歯磨き粉の化学成分を気にする必要がない

最近では歯磨き粉の悪い成分についてインターネットで調べる事で簡単に情報が手に入るようになりました。その為必要以上に歯磨き粉に含まれる化学成分について気になってしまうという事も珍しくありません。

私自身も歯磨き粉の成分には非常に気にしているので、歯磨き粉を購入する時には歯磨き粉の成分表を確認して買うようにしています。

ですが、歯磨き粉を使用せずに歯磨きをする習慣が身につけば、そのような歯磨き粉の中の成分について気になる事もなくなります。

◎歯ブラシ一本で歯磨きができる

例えば歯磨き粉を使用している方の場合には、歯磨き粉がなくなったら歯磨きができなくて困るという状況になると思います。

ですが、普段から歯磨き粉を使用していなければ、歯磨き粉がなくなっても気になる事はありません。また歯磨き粉は1本何百円かするものなので、歯磨き粉を使用しないで歯磨きをしている人は、歯磨き粉分のお金を節約できるという利点もあるでしょう。

歯磨き粉 つけないデメリット

◎口臭が気になる場合がある

私自身歯磨き粉を使用しないで歯磨きをする事が多いのですが、歯磨き粉を使用しないで歯磨きをした場合には口臭が気になる場合があります。

例えば、にんにくを使用した料理などを食べた後の歯磨きの時には、特に口臭がきになります。また1食抜いた後の食事の後の歯磨きは口臭がキツくなるような印象を持っています。

にんにくに関しては、昔から口臭との関係性が話題になっているので、当然の事ですが、1食抜いた後の食後の歯磨きの時に口臭がするのはなぜなのでしょうか?

私の予想では、1食抜いた事により歯磨きと歯磨きの間の時間も空いた為だと考えています。やはり食事も歯磨きも規則正しくする事が体にも口内ケアにも良いという事でしょうか。

◎油汚れが落ちにくい場合がある

料理の中には油を使用したメニューが沢山あります。というかほとんどの場合、油を使用したメニューとなっていると思います。

通常の料理などは良いでしょうが、例えば唐揚げなどの揚げ物や、豚骨ラーメンなどは大量の油を使用した料理です。このような料理の場合には歯が油で汚れている場合が多いでしょう。

このような場合には、歯ブラシだけのブラッシングでは完全に歯にこびりついた油汚れが落ちない可能性もあります。もし歯磨き粉を使用しない主義の人でも、ケーズバイケースで歯磨き粉を使用するのは良い方法かもしれません。


PAGE TOP