乳酸菌 歯磨き粉の効果!世界初の予防成分で虫歯、歯周病、口臭を解消!

「乳酸菌 歯磨き粉」が虫歯、歯周病、口臭を予防するって本当?

皆さんは「乳酸菌」という言葉を聞いて何を連想するでしょうか。例えば「腸内細菌」「ビフィズス菌」「ヨーグルト」「サプリメント」などの言葉を連想したのではないでしょうか。また乳酸菌と言えば、腸内環境を整えてくれる善玉菌という印象を持っている方も多いと思います。

ですが、乳酸菌の効果は私達の腸内環境を整えてくれるだけではありません。実は海外の研究では、ある特種な種類の乳酸菌に虫歯予防の効果がある事が発見されました。

世界には虫歯にならない人が存在しますが、その秘密こそが虫歯にならない人の口の中から発見された「特種な種類の乳酸菌」だったのです。その乳酸菌は「BLIS M18乳酸菌」と呼ばれており、虫歯にならない人だけが所持している事が明らかになりました。

また、この「BLIS M18乳酸菌」の働きは虫歯だけでなく、歯周病や口臭を予防できるという点でも注目を集めています。

実は「虫歯、歯周病、口臭」の原因は全て同じで、それは人が口の中に所持している口内悪玉菌であると言われています。つまり口の中の悪玉菌の数を減らす事ができれば「虫歯、歯周病、口臭」の3つの問題をまとめて解決できるのです。

そしてこの口内悪玉菌の繁殖を抑える働きを持っているのがブリアン歯磨き粉に含まれる「BLIS M18乳酸菌」なのです。また「BLIS M18乳酸菌」は世界初の虫歯予防成分で、この成分を含んだ歯磨き粉はブリアンが日本初となっています。

ちなみに「子供用ブリアン歯磨き粉」はすでに発売されていますが「大人用ブリアン歯磨き粉」は近日発売予定です。

 

burian_botan
世界初の虫歯予防成分の歯磨き粉はコチラ

歯磨き粉の新発想!乳酸菌による虫歯予防の最新メカニズムとは?

ではなぜ「BLIS M18乳酸菌」配合のブリアン歯磨き粉を使うと虫歯にならないのでしょうか?その秘密は虫歯の原因となる虫歯菌に対する「ブリアン歯磨き粉」の働きにあります。

人間の唾液には1ミリリットルあたり1億個の口内細菌がいると言われています。例えば「1ミリリットルの中に虫歯菌が1億個いる」と思うと非常に嫌な思いになりますが、実際にはそのような事は起こりません。

なぜならば、口の中には色々な種類の細菌が存在しているからです。例えば「虫歯菌(う蝕菌)」「歯周病菌」「口腔常在菌(善玉菌、悪玉菌)」など常時500~700種類の口内細菌が存在しています。

また口内細菌の量は常に一定数で保たれているので、本来ならば虫歯菌が爆発的に口の中で増える事はありません。ですが現在市販されている歯磨き粉を使用すると逆に虫歯菌が増えてしまう場合があるので注意が必要です。

実は市販の歯磨き粉の多くには殺菌剤が含まれている為、歯磨きをすると口内細菌が死んでその数が一時的に減ってしまいます。そして、このような状態でお菓子やケーキなどの甘い食べ物を食べると砂糖を栄養源としている虫歯菌が増殖してしまうのです。

先ほどご紹介したように口内細菌の量は一定数に保たれています。その為、口内細菌が減った状態で虫歯菌が増えてしまうと、口の中での虫歯菌の比率が高くなるという現象が起きてしまいます。

このように歯磨き粉は使い方を間違えると虫歯になりやすい口内環境になる可能性があるのです。そこで、このような歯磨き粉の問題点を解決する為に、新しく登場したのがブリアン歯磨き粉なのです。

ブリアン歯磨き粉には「BLIS M18乳酸菌」という口内善玉菌が含まれており、市販の歯磨き粉のような殺菌剤も含まれていません。その為、近年行われたある実験では、ブリアン歯磨き粉を使用する事で、口の中の口内善玉菌の「BLIS M18乳酸菌」が増える事が分かっています。

つまり、口の中の口内細菌の量は一定数で保たれているので、もし口の中で「BLIS M18乳酸菌」が増えれば、必然的に虫歯菌が減りそれが虫歯の予防に繋がるのです。

このように従来の歯磨き粉は、口内細菌を殺菌する為に「虫歯になりやすい口内環境になる」リスクがありました。しかしブリアン歯磨き粉は「BLIS M18乳酸菌」によって虫歯になりにくい口内環境に改善する全く新しい歯磨き粉なのです。

繰り返しになりますが「供用ブリアン歯磨き粉」はすでに発売されていますが「大人用ブリアン歯磨き粉」は近日発売予定です。

 

burian_botan
世界初の虫歯予防成分の歯磨き粉はコチラ

「歯を失う原因の第1位の歯周病」を予防する乳酸菌のメカニズムとは?

皆さんは歯を失う原因の第1位をご存知でしょうか?たぶん多くの人が、歯を失う原因が「虫歯」であると考えていると思います。ですが実際には「歯を失う原因の第1位は歯周病」なのです。

つまり日頃「歯磨き」や「歯科医院での虫歯治療」等によって歯の健康を保っている人であっても「歯の寿命」という面では安心ができないという事になります。

そこで気になるのは、なぜ歯周病で歯を失う事になってしまうかという点です。歯周病と一言で言っても色々な種類の病気があります。例えば「歯肉炎」「歯周炎」「歯槽膿漏」などがその一例です。

多くの場合歯周病の初期段階は「歯肉炎」です。歯肉炎になると歯磨きをする際や、リンゴをかじったり硬い食べ物を食べた時などに歯茎から出血するようになります。

一般の人から見れば、このような歯肉炎の状態ですと大きな問題はないように感じられるはずです。しかし本当に怖いのは歯肉炎の症状が進行する事で起こる「歯周炎」や「歯槽膿漏」なのです。

例えば「歯周炎」や「歯槽膿漏」にかかると歯茎が痩せてゆき歯の根本が露出する事になります。そうすると「歯の根元」や「歯を支える骨」が歯周病菌に犯されてしまうのです。そして最終的には歯を支える骨が溶けて歯が抜け落ちてしまいます。

では、どのようにすれば、この恐ろしい歯周病を予防できるのでしょうか?一番重要なのは歯と歯茎の間に歯垢がたまらないように丁寧に歯磨きをする事なのですが、それと同時に歯周病の原因となる歯周病菌を減らす対策も必要になります。

先ほどご紹介したようにブリアン歯磨き粉は「BLIS M18乳酸菌」によって口の中の口内悪玉菌を減らす事が可能です。つまり「BLIS M18乳酸菌」は虫歯菌だけでなく、歯周病菌を口の中から減らす事に対しても効果的に働きます。

またブリアン歯磨き粉は無添加成分の歯磨き粉である点にも注目する必要があります。例えば、市販の歯磨き粉に配合されている成分は下記のような危険性が指摘されています。

【歯磨き粉に含まれる成分の危険性】
◎合成界面活性剤:舌の味蕾細胞を傷つける
◎フッ素:発ガン性の危険がある
◎研磨剤:歯の表面のエナメル質を傷つけるので、それが虫歯の原因となる可能性がある
◎過酸化水素:ホワイトニング成分だが歯がもろくなる危険性が指摘されている

これに対してブリアン歯磨き粉は上記のような危険性のある成分を一切使用していません。つまりブリアン歯磨き粉は「乳酸菌」と「歯茎に優しい無添加の成分」というダブルの効果で歯茎の健康を守り歯周病を予防するのです。

繰り返しのご紹介となりますが「子供用ブリアン歯磨き粉」はすでに発売されていますが「大人用ブリアン歯磨き粉」は近日発売予定です。

 

burian_botan
世界初の虫歯予防成分の歯磨き粉はコチラ

「口の悩みの第1位の口臭」を予防する乳酸菌のメカニズムとは?

現代人は口臭に悩んでいる人が多いとも言われています。実際にある企業が行った「口の悩みに関する」アンケート調査によると「男性、女性共に口の悩みの第1位は口臭」だという事が分かりました。

また口臭の悩みは昔に比べて多くなったとも言われています。ではなぜ昔に比べて口臭に関する悩みが増えているのでしょうか?

それは現代人の食生活や食品の変化に原因があると言われています。近年「調理方法の発展」や「調理器具の進化」によって現代人の食べ物が柔らかくなった事が指摘されています。

これによって口の中に歯垢(食べ物の残りカス)が溜まりやすくなった事が口臭の原因の1つだと言われています。

では歯垢が口の中にあるとどうして口臭がきつくなるのでしょうか?この事を考える時に、私達の普段の生活の中に分かりやすい例が存在します。

例えば私達が毎日食べる料理ですが、食卓にある時には非常に良い香りがして食欲をそそります。ですがその料理が一旦、生ゴミになってしまうとどうでしょうか。非常に嫌な臭いがする事は皆さんもご存知の通りです。

ではなぜ生ゴミは、鼻をつく嫌な臭いがするのでしょうか。それは「嫌気性微生物」という細菌が生ゴミを分解する際に悪臭や有害な物質を発生させるからです。

ところが同じ生ゴミでも、嫌な臭いを発生させない場合があります。例えば有用微生物が含まれた木材チップ入りのゴミ箱に捨てられた生ゴミが良い例です。この例の場合、有用微生物によって生ゴミが分解、発酵された為に生ゴミから嫌な臭いが発生しないのです。

つまり「生ゴミの臭いの原因」は「悪玉細菌が生ゴミを分解する際に発生する有害な物質」だったのです。実はこの事は人間の口の中の場合でも同じ事が言えるのです。

口臭の主な原因は「悪玉菌が歯垢を分解する際の臭気」であると言われています。つまり口の中の悪玉菌の増殖を抑制できれば口臭の予防につながるという事になります。

何度もご紹介していますが、ブリアン歯磨き粉に含まれる「BLIS M18乳酸菌」には口内悪玉菌を減らす働きがあります。つまり「BLIS M18乳酸菌」を配合したブリアン歯磨き粉なら虫歯予防に加えて口臭予防の効果もあるのです。

またブリアン歯磨き粉には「子供用ブリアン」と「大人用ブリアン」がありますが、大人用のブリアン歯磨き粉には虫歯予防成分である「BLIS M18乳酸菌」に加えて「口臭予防成分」の「BLIS K12」も含まれています。

つまり大人用ブリアン歯磨き粉なら、子供用ブリアン歯磨き粉よりも、さらに効果的に口臭を予防する事ができるのです。ちなみに大人用ブリアンは近日発売予定ですので、発売が開始されましたら、このホームページでご紹介させて頂きます。

 

burian_botan
世界初の虫歯予防成分の歯磨き粉はコチラ


PAGE TOP